サイトメニュー

治療法を変える

カウンセリング

レーザー治療のメリット

いぼの切除法として昔からあるものに液体窒素を使った冷凍凝固療法があります。これは症状が起きている部位に液体窒素を用いて凍結し、それを繰り返すことでイボがとれるのを待ちます。この治療法の特徴はどの医師でも比較的容易に行うことができ、特別な技術を必要としないことです。そのためたくさんのクリニックで行われてきましたが、この治療では完治しないという悩みをもつ人も多くいました。冷凍凝固療法は個人差がかなり大きい治療法で、何度治療をしてもなかなか成果がでないということがあります。すぐに効果がでる人もいるので、そういった場合には有効なのですが中には数カ月間通院をしても完治しないという場合があります。そういった時にもおすすめできるのが炭酸ガスレーザーを使った切除術です。大きさや種類によっては保険適応されないことがあるので費用が少し高くなることもありますが、確実にいぼを除去することができます。炭酸ガスレーザーは多くの美容外科クリニックで取り扱っているので、探せば簡単に治療を受けられるでしょう。この治療法であれば、1回の通院で治療が完了しますし、痛みもほとんどありません。局所麻酔を用いて施術を行いますし、施術時間が短いので痛みを感じたとしても、すぐに施術が終了してしまいます。いままで冷凍凝固療法を何度も受けて効果がなかった人も綺麗に治すことができているので、一度検討してみる価値があるでしょう。これから治療を始めたいと言う人にも確実に治すことができるレーザー治療をおすすめします。イボを切除する時には、事前に入念な診察を受ける必要があります。切除術自体は短時間で終わるのですが、いぼの種類をしっかりと見極めておかないと適切な治療が行えないためです。いぼの中にはウイルス性のものもあり、その場合には切除術を行う時に中のウイルスが広がってしまうと、切除した部位の周囲に新しくいぼができ始めてしまいます。そういったことがないように患部の観察を十分に行い、観戦する可能性があるとわかった時には予防策を施します。それ以外には盛り上がりがあるものにも炭酸ガスレーザーが適していると言われています。形状や大きさなどによっては別の治療法が向いていることもあるので、事前に治療法を検討します。自分の中で希望する治療法がある時には、必ず施術前の診察の時点で伝えておきましょう。施術に入ると予定している治療法で使う機器類を準備し、すぐに治療を開始してしまうので話しをする時間がありません。施術前のカウンセリングで治療法の希望を伝えるとともに決定した治療法のメリットやデメリットも聞いておくと安心できます。炭酸ガスレーザーを使う場合にはメスに比べて出血量が少なく、レーザーを当てた部位で血管の熱凝固作用が働き、すぐに止血させることができることが大きな特徴です。また切除した部位の状態が美しく保たれることから、傷の治りも美しくなると言われています。大きさや深さにもよりますが、レーザーによる治療はメスを使うよりも早く綺麗に治るので多くの人がレーザー治療を選択しており、人気が高まって来ています。

Copyright© 2018 いぼ切除をして綺麗な肌に【美肌へと生まれ変わるための術を公開】 All Rights Reserved.